蕎麦子さんの台所~Sobako's Kitchen~

50代の主婦があれこれやってみるブログです。

稀勢の里、引退。お疲れ様。

f:id:sobakosan:20190117232139p:image

残念だなあ。

今場所、最後までがんばって欲しかった。

と、昨日は思ったのだけれど。

でも、引退会見を見て、そして今日、稀勢の里の担当医師やトレーナーのインタビューを見たら、体が限界だったんだなあと思い直した。

もしも、稀勢の里が横綱でなかったら、怪我をした時にもっと休んでじっくり治すことができたのではないか?

たとえどれだけ番付が落ちたとしても、そこから復活できたのではないか?

そう考えると、横綱になったことが悔やまれる。

横綱って辛いね。

どんな理由があっても、勝つことが出来なければ、あとは引退するのみだもの。

負ければ座布団が飛ぶし、勝って当然、その勝ち方にも文句を言われたりする。

土俵の上だけでなく横綱の品格を常に問われるし。

辛い立場だとわかっていても、力士は皆、「いつかは横綱」を夢見て日々稽古をしているのだろう。

稀勢の里は荒磯親方となって後進の育成をして行くという。

自身がスピード出世で幕内昇進を決め、横綱昇進までに最も時間がかかった力士だったというのは、後進を育成する立場としては、良い経験を積めたのではないかと思う。

きっと素晴らしい親方になるだろうと期待している。

まずは、お疲れ様!色々な感動をありがとう!であるけれど。