蕎麦子さんの台所~Sobako's Kitchen~

50代の主婦があれこれやってみるブログです。

初挑戦!2018美味しい干し柿を作る!《その1》

愛猫Kさん、柿が気になる様子。見つめてます。

愛猫Kさん、柿が気になる様子。

いよいよ今年は念願の干し柿作りに挑戦!

以前から作ってみたかった干し柿に今年は挑戦することにしました!

まずは、干し柿となる渋柿の購入。

楽天で検索したら、たくさんヒットしましたが、はっきり言って、どれを選んだら良いのか皆目見当がつきません。

それなので、量と値段とレビューから、愛媛県産の愛宕柿10kg¥2,880というのをセレクト。

家庭用ということで、多少のスレやキズがあるので、リーズナブルならしいです。(相場もちょっとわからない・笑)

予約商品だったので、到着まで、3週間ほど待ちました。

 

そして、待ちに待った商品がこちら。

ダンボールで届いた、結構大きな渋柿 

結構大きな渋柿が到着!



初心者としては、とても大きくて立派な柿だわ〜という印象。

 

干し柿は天気との勝負!

とりかかる前に、一応、作り方をグーグル先生に頼ってみると。。。

①気温が10度くらいになってから

②最初の1週間は晴天が良い

ということらしいです。

気温は低い方がよく、湿気はカビの原因になるので大敵(特に干し始めの頃)なんですね。

柿が到着した頃は、少し暖かい日が続いていたので、寒くなるのを待っていよいよ作業に入りました。

 

干し柿作りの作業手順は?

①ガクをハサミで切り取る

②皮をむく

③60cmくらいの長さに切ったPPひもの両端に、柿の枝(干し柿用の柿は、枝が少し残して切ってあります)を結びつける

④大きめの鍋に湯を沸かし、柿を2〜4個ずつ入れて、10秒程度熱湯消毒する

⑤柿が重ならないようにPPひもを調節して干す

 

干し方に工夫が必要!

うちは2階のベランダにしか干す場所がなく、初めは洗濯ロープを張って干そうと考えていたのですが、思いの外、10kgの柿は重く、ロープでは無理?と判断。

いつも、靴下などの小物を干していた洗濯ハンガーにくくりつけ、物干し竿に吊るすことにしました。

洗濯ハンガーで吊るす干し柿

洗濯ハンガーで吊るす干し柿

この、一個ずつハンガーにくくりつける作業が、地味に面倒で、来年はもう少しささっとできる方法を考えたいと思いました。

柿の大きさは185gの缶コーヒーより少し小さいくらい

柿の大きさはこれくらいです。

出来上がりはいつ頃?

今日はこれで作業は終わりです。

この後、1週間くらいして表面が乾いたら、揉む作業が待っています。

食べごろは2〜3週間後でしょうか?楽しみです!

また随時、経過をアップしていきます。

一つの柿に注目していきます

この子に定点カメラします!

これから、この一つに焦点を当てて、渋柿ができる様子を見ていきたいと思います。

名前でもつけます?

んー、渋柿の種類からとって、『アタゴ』ちゃんはどうでしょう?

毎日、写真撮って、パラパラマンガにしようかなあ。

 

<その2>はこちら↓

 

www.sobakosan.com

 

#2018干し柿作り