1Q62

自由に、正直に。

お役所仕事をしみじみと実感。

固定資産税を払いに、市役所の支所に行った。コンビニでよいのだけれど、たまたまついでがあったので。

窓口で、払込用紙とお金をわたすと、「では、こちらの番号札を持ってお待ちください」と椅子にかけるよう促された。

椅子に座り、ぼーっと職員の働く姿を眺めながら、はて?どうして私、待たされているのだろう?と疑問を持った。

役所といえば、待たされるものだと思っていたのだが、考えてみれば、これ、コンビニだったらどう?レジでバーコードをピッピッと読み取って、「〇〇円です!△△円お預かりします!◻︎◻︎円のお返しでございます、ありがとうございました!」と言って印を押した領収書を切り取って渡してくれて終わり。ものの数十秒で終わりじゃね?

役所は、客が帰ってからでもできる仕事を、客を待たせてやっているわけだよね?ひどいね。特に客が立て込んでるわけでもないのだから、さっさとお釣りと領収書をくれっての。