1Q62

自由に、正直に。

ネットに漂い続けるのかな。

家族で共有するために、我が家の家計簿はZaimを利用している。それぞれの端末にアプリを入れて書き込めるので、とても便利。

 

2、3年使っているけど、無料会員だと、この先過去ログが1年分しか見られなくなる可能性もある(その時はお知らせがあるそうだが)らしく、今のうちにログをダウンロードすることにした。

 

Evernoteを使えばできるそうなので、再ダウンロード。新たにメールアドレスを設定するのも面倒なので、Googleでログインして見たら。。。なんと、以前使っていたときの日記が残っていた。ほんの数日分だけど、あらあら懐かしい!

 

考えてみれば、ネットを使うようになって早20年。若かりし頃、一所懸命HTMLを独学で勉強し、作ったホームページはまだどこか、ネットの海に漂っているのだろうか?あの、バカ早い表示の

阿部寛のホームページ

のようなやつだ。彼のHPを見たとき、本当、懐かしい!って思った。

 

あの頃のHPは、とてもシンプル!現代の動きのある華やかな、そして広告満載のどこが記事なのかわからないようなものではなかった。動きといえば、タタタタッと文字が横に流れるとか(あの、電車内の電光掲示版みたいな)、背景に雪だとか、花びらだとかがひらひら降っているとか、写真なんて重たいもの載せたら、表示に時間がかかるかかる。常に写真の圧縮を気にしていたな。

 

あんなに一所懸命やってたのに、いつのまにか、どこかに行ってしまった。デジタルファイルも、画像も、余程きっちり管理していない限り、PCやスマホの機種変更している間に取りこぼしてしまう。今は、クラウドがあるから、そこに放り込んでおけばいいか。

 

私が死んだ後、消してもらうサービスを利用するもよし、ゆらゆらと流されるネットの海で、誰かにキャッチしてもらうもよし、注意すべきは、誰に見られても恥ずかしくないものだけログを残して置くことだね。