人生のLogの行き着く先は。



今日は、園芸店のYouTubeをお手本に胡蝶蘭を植え替えしてみた。
昨年息子が会社から譲り受けた胡蝶蘭、5つの株があったが、結局ひとつ枯れてしまって、現在は4つ。
小さめの鉢でないと、根腐れするということで、急遽、雨の中ホームセンターにひとっ走り。
そして、ダメそうな根っこをバチバチ切って、ミズゴケを使って鉢にギュウギュウ詰め込んだ。
これでいいのかどうか、よくわからないが、根付いてくれるといいなあ。
初めての胡蝶蘭、なんとか、花を咲かせたい。
いまのところ、花芽が出る気配もないが。笑

話は変わるが、昨晩、7歳下の妹(Yちゃん)からLINE招集がかかり、1歳違いの妹(Tちゃん)と3人でグループ通話。
のっけからYちゃんは何を言っているのかわからないくらいの大泣きで、よくよく聞いてみたら、一昨年亡くなった母の遺品を整理していて、母の遺したメモがたくさん見つかり、それを読んでどうしようもなくなってしまったらしい。
82歳で亡くなった母は、亡くなる数年前から認知症を患い、いろいろなことができなくなってしまう中、モノの操作手順だったり、日常のメモだったりを残していたようだ。
それを読んで、母の一番近くにいてお世話をしていたYちゃんは、あれこれ思い出し、後悔し、涙が止まらなくなってしまった。
昨年、仕事のパートナーも亡くしていたYちゃんは、不幸と苦労がストレスになってもいたのだろう。
それでも、気心知れた姉妹なので、泣きながらあれやこれや話すうちにどうにか気持ちも落ち着いてきた。

私が、「今、終活中でさ~、青春時代に書いた日記帳をどうしようか、迷っているんだよ。案外おもしろい読み物になっていると思うけど~♪」と話すと、2人一斉に「読みたい~~!!!(笑)」とバカ受け。
段ボールに詰めて『T&Yちゃんへ』と宛名を書いておくことになった。

今書いている10年日記は、ほぼ出来事の備忘録なので、読んでもおもしろくないから、まあ、棺桶に入れてもらうか、残った人の気持ちにお任せしよう。
そして、このブログは、そうだなあ、URLを部屋のどこかに記しておこうか。
レンタルサーバーだから、契約が切れると見ることができなくなってしまうなあ。
はてなブログに出戻るか?
そうすれば、永遠に(はてなブログが続く限り)ネットの海に漂うことができる。
良いかもなあ。


コメント