あれから30年、感動を思い出した件。



ニュースで、今日が天皇陛下御夫妻のご結婚30周年記念日だと知った。
同世代の私は、皇太子さまのお妃候補が挙がった時には、小和田雅子さんしかいないなあ、って思っていた。
でも当時、雅子さんはバリバリの外交官だったので、無理かなあ~~、でも、雅子さんがいいなあ~~って私が嫁にもらうわけでもないのに、そう思っていた。
そして、めでたく雅子さんをGETされた皇太子さま。
会見で雅子様から明かされた皇太子さまのプロポーズの言葉、
「雅子さんを僕が全力でお守りします」
を聞いたときに、自分のことのようにとても感動したことを覚えている。
一般家庭から皇室にお嫁に行く、将来は皇后さまになる、もうそんな、想像もつかない大変な決心をしてもらうには、どう誠意を示せばよいのか、きっと、皇太子さまもお悩みになったことだろう。
「全力で守る」これはねえ、女冥利につきると思う。
よく、「幸せにする」というのがあるけれど、「全力で守る」はもう一歩上を行く決意だと思うよ。
そして、その言葉通りに、どんな時も常に雅子様に寄り添った発言をされてきた皇太子さま。
私の中では、理想の男性といってもいい。
こんなに真摯な男性いる?
世の男性は、見習ってほしいよね。
いや、男性だけじゃないか。
女性も同じ。
相手のことをすべて受け止め、思いやりを持って真摯に向き合う。
そんなふうな夫婦になりたいよね。

コメント