4回目のピアノ発表会。



午前中、リハーサル。
午後1時、開演。
小さな子供から始まって、大人の出番は3時頃から。

リハーサル、やっぱり連弾がボロボロだった。
それを聴いていた毎回帯同してくれている息子が、
「合わせようとするから、いけないんじゃない?先生が合わせてくれるんだから、楽に弾いたらいいじゃん」
と言ってくれた。
「そっか、そうだね、私が合わせようなんざ、おこがましいか。」
暴走したって、先生なら合わせてくれるわね、と思ったら、すっと気持ちが楽になった。
息子は、案外ぽろっといいことを言ってくれる。
ピアノのことはまったく知らない息子で、小さな子供たちのピアノにも、「すげ~」とか言って感動しているくらいだ。
毎回、何を思って私のピアノ発表会に付き合ってくれるのかなあ?
心配なのか?
ビデオ係の任務のためか?
ひとりぼっちじゃ寂しいのでは?と気を使っているのか?

そういえば、今年は驚いたことに、夫がね、こう言ったのよ。
「日曜日(発表会の日)、休みを取ろうと思っていたんだけど、急に仕事が立て込んできちゃって、休めなくなっちゃったんだよ」
ええ?!発表会に来るつもりだった???
いやあ、びっくりだよ。
だって、いちばん最初の発表会の時に、まだ人前で弾く恐ろしさを知らなかった私が(笑)、
「聴きに来る?」
って聞いたときには、
「いや、俺はいいよ。」
と即答だったんだよ。
その時、息子が、「応援が誰もいないんじゃあ、寂しいから、俺、行くよ」って、それ以来、毎回来てくれているわけだ。
その後、人前で弾くことの難しさを知った私は(笑)、夫を誘わなかったし、夫も特に何も言わなかったのに、なぜか、今年は自分から先の発言をしたのだ。
これは驚かずにはいられないよ。
でも、夫の前であのズタボロなピアノを披露するのは、かなり、気が引けるなあ。
なぜか、息子にはそういう恥ずかしさを感じない、不思議だけど。

ってことで?、今回もまた、恥ずかしいピアノを披露してしまった私。
う~ん、なぜ、こうも緊張するのか?
今回は、前回に引き続き深呼吸法で、手がガタガタふるえるということはずいぶん抑えられたのだけど、自覚する以上に気持ちが舞い上がってしまっていたみたい。
でもね、昨春の発表会の時は「もうピアノは、いいかなあ~」なんて、無気力状態まで落ち込んでしまったけれど、今回は、逆に怒りのパワーが出てきて、「なんで、こんなに、弾けへんの?!もう、こうなったら、成功体験ができるまで発表会に出続けてやる!」って思っちゃった。笑
息子にそう宣言したら、
「ソロの方は、俺、問題なく聴けたけど、ダメなの?」って。笑
いや、ぜんぜん、どう贔屓目に聴いてもアカンです。笑

【弾いた曲】
アヴェ・ヴェルム・コルプス/モーツァルト(リスト編曲)
仮面舞踏会/ハチャトゥリアン(連弾)



コメント