■2024年4月からURLが変更になります。新URLはこちら→https://cdefbach.blogspot.com/

見たくないものを見てしまった件。



8月に帰省するので、できる限り在宅ワークを終わらせておこうと必死でやっている。
PCを持って行くこともできるけれど、今回は3、4日の帰省なので、ゆっくり遊ぼうと思って。
昨年春、ひと月ほど帰った時には、PCを持って行った。
どこでもできる仕事というのは、本当に便利だなあと痛感した。
実家に帰る時には、着替えとか、お土産とか、事前に宅配便で送り、当日は身軽に行くのが私流?だ。
当然PCも送る気満々でいたところ、息子や妹から「PCは自分で運んだ方がいいよ」と強く言われたので、渋々、息子からリュックを借りて背負っていった。

うちにいつも来てくれる宅配便のお兄さんやおじさんは、とても良い人ばかりなので、息子や妹のように業者を疑う気持ちはこれっぽっちもなくいたのだけれど、先日、嫌なものを目撃した。
仕事の帰り道で出会った、住宅街に停まっていた某宅配業者のトラック。
運転席から降りてきたお兄さんが、トラックの荷台の扉をバアァーーンッ!!とそれはもう大音響と共に開け放ち、目的の荷物を探すのだけど、見つからず、イライラしているのが背中から伝わってくる。
そして、挙句のはてに、彼は掴んだ荷物を荷台の奥にオーバースローで投げつけていた。
まじか〜。
いくらイライラしても、客の荷物に当たるのはやめてくれ〜。
さすがに、『こわれもの』とかの荷物をそんな扱いはしていないと思うが、やっぱりこれからも、PCは自分で運ぶことにしようと思ったよ。

でも、そのお兄さん、まさか、うちに来てる人じゃないよねえ???
なんかね、明らかにするのが怖くて顔を見ることができず、自分の顔も日傘で隠して通り過ぎたよ。

コメント