HIMARIちゃんがカッコよすぎる件。



昨晩の「NHK Eテレ・クラシック音楽館」で初めて知った吉村妃鞠ちゃん。
10歳のバイオリニスト。
普段の様子は10歳の子供なんだけど、ひとたびバイオリンを弾き始めると、演奏家の顔になる。
オーケストラとの共演での、あの堂々たる演奏ぶりは何者?!って感じだ。
もうね、「バイオリンの上手い子供」じゃないよ。
立派な、演奏家。
バイオリンを弾いているときの彼女の表情は、何ていうか、オーケストラの音を聴いて、自分の音を紡ぎ出していく、一音一音に神経を集中している感じ。
それでもって、自分の演奏に酔っていない、淡々とした演奏ぶりがとても格好いい。

話によると、音楽一家で、お母さんもプロのバイオリニストだそうだけど、お母さんいわく、「プロの音楽家にさせよう」という気はまったくなく、「他にもいろいろな選択肢があると思うけれど、今は本人が夢中なので見守っている」らしい。
親が子供を英才教育する話はよく聞くけれど、本人の意思を尊重する(しかも、まだ10歳)って、お母さんもかっこいいねえ。

音楽一家ということで、環境にもDNAにも恵まれてはいるだろうけれど、それに本人の「興味」「好き」が加わって、最強だよね。
何時間だって楽しく練習するんだろうなあ。
HIMARIちゃん、「弾きたい曲が100曲ある」って言ってたし、これからもとっても楽しみだ。

昨日の番組は、NHK+で見逃し配信しているから、見てみて♪
(配信期限 :5/29(日) 午後11:00 まで)

https://plus.nhk.jp/watch/st/e1_2022052211704?cid=jp-69WR9WJKM4


コメント