アップライトピアノの響板のチカラに驚く。



ピアノはハンマーで叩いた弦の音を響板で響かせるってことは知っていたけれど、

まさか、こんなに?!って一目瞭然な動画があったので、紹介してみる。
KAWAIの「ピアノの中身、ぜーんぶ見せます!ピアノ解体ショー」っていう動画。
私はいつも調律の時に、ずーっと付き添って、ピアノの中身をのぞいたり、「へ〜こうなっているんですねえ〜」だとか言って調律師さんの邪魔をしているのだけど、元々、機械仕掛けとか大好きなので、中を見るのが面白くて仕方ない。
グランドの時は、ダンパーの弦を抑える部分のフェルトの山の形の種類がいくつかあったのが発見だったなあ。
あれ?アップライトもそうかな?今度のぞいてみよう。
(グランドと違って、アップライトは弾いてる時に構造が見えないからねえ。)
この間の調律の時に、なんか、アップライトのアクションってこんなだっけ?って思っていたら、KAWAIはカーボン使った素材を使っていて黒い部分があるのよ。
それで印象が違ったんだねって、この動画を見てわかった。
色が違うだけで、締まった感じがしてちょっと格好いいよ。(外からはわからないけどさ。)
で、響板のチカラの実験部分だけど、22分過ぎくらいからかな。
自分のピアノでも試してみたくなったよ。
 

コメント