母に聴かせたかったなあ。



母の夢を見た。

夢の中の母は、少し若い70代くらいだった。

何処かからの帰り道、2人で肩を並べて歩いていたはずなのに、気づくと母が隣にいない。くるりと後ろを振り向くと、母は5mほど後ろをとぼとぼ歩いている。

「歩くの、早い?」

と聞くと、

「うん」

とうなずいた。

私は母が追いつくのを待って、今度は歩調を合わせて歩く。

父が老人ホームに入ろうかどうしようか考えていることを話すと、

「そんなにがんばらなくていいのに…」

と小さな声で母は言った。

「がんばらなくていい」という言葉が、私には「生きることをがんばらなくていい」と言っているようにも感じた。

四十九日を前に夢の中に現れた母。

いよいよ、ってこと?

今日も少し練習した。

結局、母にはピアノを聴かせてあげられなかったなあ、なんて思いながら。

うちは裕福ではなかったので、私たち子供にピアノを習わせるのは大変だったと思う。

しかも3人姉妹、同じように習い事をさせてくれた。

ありがとう。

お陰で生涯の趣味にすることができたよ。

《今日のひとコマ》

コメント